FC2ブログ

タージマハールの倒壊性

tajimhl0.jpg

 タージマハールの背後にある河川の水位や地下水の低下による影響で、当建造物の倒壊の恐れがあると地元の有力者達が騒がしく訴えているという外電があった。建物基礎の一部に木材を使用しているとも伝えていた。上の写真はたまたま筆者が、ムンバイ港開発計画F/S(1996)で行った時に撮ったものである。
 一般に基礎の木グイは地下水面以下では腐食しないと言われているが、地下水の低下により地盤の重量がおおきくなる(有効応力の増加により)ので沈下の促進が考えられよう。原因究明の調査対策には是非参加したい気持ちでいっぱいである。これまでの建造物では数百年にわたって倒壊までには至っていない「ピサの斜塔、1370年」が有名である。現在でも平均沈下量2m、傾斜5度で保っているようだ。pisa11rs.jpg
 
尚、イギリスのビッグベンが現在0.26度の傾斜で傾きつつあり、ピサの斜塔程度になるのはあと4000年程度をようするとCNNで報じていた。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード