FC2ブログ

戦後教育の刷り込み・・・・・・・the imprinting of postwar education in Japan

school

民主党政権になってから政治がらみのゴタゴタの殆ど全ては、戦後教育に根ざしている。仙谷由人官房長官の物議をかもした数々の発言は、失笑ばかりでなく同世代のある懐かしさ?を感じた。(国益に通じるものが多く、そんなことを言っている場合ではないことは重々承知しているが)
ちょっと聞いてください。私が都内の小学5年生の時に彼(仙谷氏27年小学校入学)は一年生だったはずだ。当時は戦後教育真っ盛りで、「反戦」・「平和」と「自虐史観」即ち 戦死者を含め過去の日本人の行為・文化を否定(悪口を言うこと)が流行りで“正義”であった。例えば担任の女先生は、日本軍の数々の悪行を教え、最後にきまって日本人は缶詰に石を入れて輸出したりしました。と繰り返し教えた。これは決して誇張ではありません。(the trauma of childfood) 先生の殆どは女性が多くGHQと日教組の指導に洗脳されていました。気がつかない内に大新聞(朝日)を読まされ、調べ物は「少年朝日年鑑」、高学年になると思想季刊誌「世界」でした。近代史や靖国神社など一切タブーで教えられなかった。当時の教育を刷りこみされた優秀な優等生達は高等教育をうけ戦後の進歩的文化人としてエリート集団となっていきました。優等生で刷りこみの激しい彼、仙谷氏等は日本人ではなく、地球人(人種・国籍・国境を超越した人)のつもりで政権・国家運営をしているようだ。彼は世界と関わる実際の仕事をしたことがないと解かったので我が国をまかせるわけにはいかない。
 できの悪い規格外の私は、なぜか小さいときから直感的に信じられないことは覚えられない性格であったので救われたが、これらの刷りこみを修正するのにかなりの時間と努力を要した。修正無しの刷りこみでは仕事上の不都合が多く、特に海外業務は立ちいかない。修正後やっとまともな日本人に成れたと後になって確信した。最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード