FC2ブログ

公務員の国際比較(員数と人件費)・・・・・・自分の頭で考える。

 近年、公務員改革と天下り等の問題で我が国は公務員が多く、大きな政府であったと思い込まされてきたが、個人的には違和感を感じていた。例えば、相模原市の警察関係者は昔から人口600人当たりに一人と言われ、実際の生活で警察官を見るのは月に2~3回程度である。神奈川県の人口900万人に対して神奈川県警全職員17000人であるので、530人当たり一人であることが分かる。帰国して我が町の平和をかみしめたのは、警察官を滅多にみないことばかりではないが!
下に示す資料によると、確かに先進国のなかで公務員の数(軍人、公益法人等もすべて含む)は一番少なく、比較すると半分である。人口千人当たり42人である。我々は全く誤解している。我が国は既にいわゆる小さい政府である。ひるがえって人件費(給料)は反対に最も高くおおよそ2倍となっていて驚きである。他国は人件費の安い地方公務員の人数が多くなっている。近年、英国をはじめ公務員を増員し、キメの細かい施策を行う傾向にあるが、日本だけが反対の政策ととっているようだ!
 結論:公務員の給料は3割程度さげること、地方公務員の人数を大幅に増やし行政をキメ細かく実施するようにするのが適切と考える。
また、いたずらに物言わぬ公務員バッシングを止め、かれらの頭脳を有効利用する。
公務員資料100


スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード