FC2ブログ

続き「神の手」・・・・Suarez--hero or villain

suarez595reuters.jpg

 先日のウルガイ対ガーナ戦の劇的幕切れが忘れられない。少し時間がたち振り返ると色々と考えるものがあった。
1)ガーナ側から見るとゴールラインをこえたボールはゴールと認めるべきである。そのボールを手ではじき出したスアレスはレッドカードであり、悪党でる。これでガーナの勝利で終わったはずである。どんでもないルール違反であり、恥を知れ!!
2)スポーツマンシップにのっとりスワレスが手を使わなければ、ボールは問題なくネットをゆらしていた。彼はハンドボールしか選択肢はなかったと認めている。試合は2対1で終わっていたはずである。
3)審判は自信がなかったか見てなかったかレッドカードをだして、ゴールを認めず、そのうえ余計なことにガーナにPKを与えた。(ご存知のように結果は思っても見なかったものになってしまった。)
4)よって、悪党であったスワレスが突然、ウルガイチームの英雄になってしまった。
 私を含めて心ある識者(少数派)はFifaは厳格にルールを守るように!と叫ぶだけだ。しかしながら、大多数の人々は彼がうちのナショナルチームなら、英雄だ、でなければだだのプレイヤーだと!!。
スポンサーサイト



テーマ : 2010年 FIFA World Cup
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード