FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバリズム対ナショナリズムの雑考

 平静30年間(1989~2018)を振り返ると1991年のソ連の崩壊と共にバブルの崩壊が始まり、1992年頃から新自由主義とグローバリゼーションが世界的に起こりました。緊縮財政、規制緩和、自由貿易(民営化)三位一体の掛け声で現在まで続いています。世界的に人、物、金の移動という制度疲労(移民・難民問題、公共の喪失と金融優先、民営化の失敗等)を起こし、EUでは、2015年頃から反グローバリズム=ナショナリズムが始まり混乱しています。経済的に格差の拡大、大量移民流入による人種・国家間の軋轢等々でEU体制の崩壊が始まっています。我が国は、周回おくれで未だにIR(総合リゾート)法案や外国人滞在許可の緩和等が国会を通っています。我が国はいったいこれでいいのか?
 今夏の甲子園高校野球大会では、優勝校大阪桐蔭に対して秋田選抜公立金足農業高校が準決勝まで登りつめて話題となった。金足農業高校のナインは、全員地元出身であり、エースは一人であった。一方の大阪桐蔭の選手は、地元4人で他の5人は全国区出身であった。金足農業高校の活躍は、日本人に久しぶりの土の匂いのような郷土意識と昭和の味を思い起こさせたようだ。また、デジャブの様に、先のワールドカップ決勝戦、フランス対クロアチアを思い出した。フランス選手の人種構成は、(白人を地元とすれば)地元3人と移民系8人であった。反対に、準優勝クロアチアは、全員地元出身のクロアチア人であった。この盛り上がり現象は偶然なのか?それとも今後の世界潮流となる予兆であろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。