FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の死に場所・・・・classification of a place to die

日本人の死に場所
日本人の死に場所は、昭和20年代8割自宅であり、病院で1割り程度であった。ところが、平成17年(2005)になると逆転する。併せて、ここまでくると日本人もやっと気がついたのか病院よりも自宅を望み始めたようだ。グラフが示すように!死生観は個人的なものでとやかく言うべきではないが、3つの理由があると言われている。
1) 高度成長期から始まって忙しいのでお金で専門家に「お任せ主義」
2) 命を粗末に扱わないと医療機関や行政への「過度の依存体質」
3) 死は、悪であり面倒なことに関わりたくない。老衰など言わずに「とにかく病名」をつけてほしい。
 病院とは、病気を直す場所であり、出生と死は病気でないと言われ、本来の死に場所ではないはずである。長くなるのでこの辺で終るつもりです。良く外国では、寝たきり老人は皆無であり、病院死と自宅死は、各々30~50%でバランスが取れているようだ。
出典:厚生労働省ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。