FC2ブログ

F 1種(雑種1代)から見えてくるもの・・・・Filial one hybrid

F1種(雑種1代、first filial hybrid)は、聞きなれない単語であり、その深い意味を知って驚きだ。突き詰めれば自然界に無いことを人為的に生命操作を行う倫理問題と特に農業及食の問題、更に環境問題にも発展する。 単純な植物の種子の話だけではない。
品種改良⇒遺伝子組換⇒アグリバイオビジネス、化学肥料、農薬、F1種子独占⇒環境破壊、作物の多様性と安全性の破壊、即ち生態系の破壊となる。・・・・
 現在、私達の野菜及び花卉の90%は、F1種であり、1代限りの連続性のないものである。在来種(固定種)以外の場合、毎年、種苗メーカーから高い種子を買わされている。その内、主要作物のコメ(稲)、麦、大豆等も其のようになるのではないかと危惧されてる。
私が触発された次の動画を是非御覧ください。 世界の潮流として、モンサント、デュポン、バイエル等の外資企業が世界の種子をコントロールし始めている。
https://www.youtube.com/watch?v=3Sn3FB_6VHA
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード