FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックス・ヘイブン・・・・tax haven in regard to Panama papers

tax-haven
タックス・ヘイブン(税金がほとんどない国や地域)のあるところは、思ったより沢山あることが解る。最近、暴露された「パナマ文書」にマスコミが騒いでいる。私達にとってタックスヘイブンとしてパナマは、馴染みがないところである。問題なのは、記録データが詳細で膨大であること、これは仲介業者の法律事務所(Mossack Fonseca)が租税回避を目的とする依頼主と銀行・証券会社の間に居たからである。タックスヘイブンの信頼度?は、悪行と同様に“めだたづ“、“情報の秘匿即ち口を割らない秘密厳守”の高さである。
これまで銀行秘密保護法で秘匿性の高いことで有名なスイス銀行等が、各国の機関の圧力によって徐々に折れてきている。文書情報では、関わっている世界のリーダー達と著名人が挙げられた。徐々に発表される情報では、日本企業270社と個人も400人以上と言われているので目が離せない。
お金は、容易に国境を越えるが国の税法は越えられない。
参考資料:1)岩波新書、志賀 桜著「タックスヘイブン」-逃げていく税金 2)産経新聞4月27日付け「パナマ文書、日本270社」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。