FC2ブログ

歴史と文化の蓄積・・・・history, culture and tradition be accumulated

_74301799_ferry_map_624.jpg
人や物事を評価するには、経歴や品質・中身によって判断する。当たり前のことだが、国や国民のそれもその国の歴史と文化によって決まる。 その国民であることを証明する拠り所となるものは、やはり積み重ねられた歴史と文化・伝統であることに他ならない。
なぜ、このような文章を書く気になったのは、4月16日韓国で起こった貨客船セウォル号転覆の悲劇であった。事故の原因は、ご存知のように沢山ある中で次の点が気になった。
①300名に上る犠牲者の大半が高校生であったこと、②救助に当たる海洋警察の稚拙な対応であった。あとで解かったことであるが、韓国の人々は、殆ど泳げない金槌であった。(救命胴着を付けた生存者は泳げる人達であったこと)海洋警察隊員の金槌率は、かなり高いと報道されていた。この事実を知って私なりにかなり納得した。私の仕事現場であった数多の外国人達は、泳ぎを知らない金槌であったのを覚えている。
a)韓国の公立小中学校には、プール施設無し、体育・水泳教科無しが一般であり、日本では、プールの無い学校を探すのが大変だ。似たような紫雲丸事故(1955/5/11、小学生中心犠牲者168名)反省後、プール増設促進と水泳教科が必修科目になったと言う人もいる。
b)お陰で現在の日本人の金槌率は、10%程度と思われる。ある統計によると18%だそうだが・・・

 救助活動を見ていて装備や訓練の優劣ばかりでなく、歴史と文化の蓄積の重要さを身にしみて感じた。下の写真は、紫雲丸事故の遭難者救助を示す。
shiunnmaru.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード