FC2ブログ

Web会議用ツールとしてのアプリを試してみた。・・・・在宅テレワーク用ツール

テレビ会議
 支那コロナウイルスの感染予防対策で政府の非常事態宣言により、在宅勤務が推奨されテレワークが注目されている。企業や教育機関は、急遽テレワーク環境整備に追われている。IT技術の進歩によりインターネット環境が整備されPC、タブレット、スマホ等多種の端末が使われている。とそれでは、手頃に無料で誰でも使えるクラウドサービスアプリをザックリと試してみた。老舗のSkypeから評判のZOOMまでを勝手にまとめた。
No、 アプリ、 概 要、 感 想(特徴と思われる)、 評価
1 Line 1対1の対面ミーティング基本、音声・画像通話、チャット、簡単操作、スマホ用最適、PC可能     お互いアカウントが必要で手続き難、グループ化して音声画像やりとり4人程度、音声だけ10人以上可、PCやや難 ○△
2 Skype 1対1の対面ミーティングやコンサルが基本、音声・画像通話、チャット、画面共有や録音機能、スマホ可能 お互いアカウントが必要、資料を見ながら会話ができる。
4人程度、音声だけ10人以上可、老舗でMS定番アプリ、
デバイス機種間とOS間の壁を越え安定、 ○
3 Google Hangout 1対1の対面ミーティングやコンサルが基本、音声・画像通話、チャト、画面共有や音声録画機能、スマホ可能 お互いGoogleアカウント必要
Gメール必須、LineやSkypeと略同様の機能を有しGoogle定番アプリ、10人以上接続可 ○
4 Zoom 複数人で会議可能、スマホ参加可能、全員で話やチャット可能、会議の画像・音声録画
安定で軽快に操作、通信量小 ホスト(主催者)と参加者の区別、アカウントはホストのみ必要、参加者は、招待にて50~100人可能、ホストにより議事を仕切る。3人以上の場合40分間制限、 ◎
その他に、まだ数種の同様のアプリがあるが未だ発展途上である。上記アプリZoomは主催者と参加者多数とに別れてアプローチできるのが特異で会議用である。外のアプリは1;1の対面ミーティングの基本から参加者を増やしていくものである。
何れのアプリも同様な機能を有し使い慣れないと『まごつく』ので気楽に始めて操作スキルを各自において上達させる。
最後に、クラウドサービスである何れのアプリもセキュリティーとは隣り合わせです。このような昨今、必ず詐欺、なりすまし等の悪意ある攻撃にさらされますが、セキュリティーは日々改善されているようだ。                       以上


スポンサーサイト



プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード