FC2ブログ

母国語・・・・mother tongue

人口_各国
 下図に各国の人口(world Bank 2011)を描いてみたのは、ロイター通信によると中国人は、約4億人、30%の国民は現在、普通話し言葉(北京官語)を話せず理解できないと伝えている。昔から14億中国人同士の意思疎通が殆ど不可能といわれていましたことを立証している。数千の方言と少数民族語がある。標準語は、北京官語であるが、いつも英語にしては!との話題が絶えない。このような問題は、13億人のインドもしかりである。私は、海外業務を通して実感してきた。母国語は、その民族、国民の文化そのものであることから次の問題事項が根っこに横たわっている。
①一億人以上の国で母国語だけで何不自由なく暮らせる所は、米国を除けば日本位である。
②母国語だけで文学、小説や雑誌を書いている国は、世界を見渡すと数か国しか無い。
③ヨーロッパ諸国は、人口で見るとドイツ、フランス、イタリア、英国を除けば、小国が多いので、それに経済的に恵まれていてさえも“外国語である英語”で必死に書いたり、否応なしに話している。(国連、IOC会議等)
微妙な表現は、母国語でないと表現できないと嘆きの声をよく聞きます。最近の認知症の患者の研究では、最初に忘れるものは、後発の第二外国語で最後にのこるのは母国語であるとさもありなんと思います。
④先端技術を学ぶには、英語が有利であるが、その国の文化や思想の破壊に継る。
英語の時代とグローバリゼイションの掛け声の中、世界で最も遅れて行く人々late comers)は我々日本人であることは確かである。
⑥水村美苗先生が述べているように、日本人を最も日本人たらしめているものは、日本の国家でもなく日本人の血でもない。それは日本語そのものである。
 私達日本人は、祖先・先人・先輩達の先見性と努力の恩恵により堂々と生きられる『幸せ者』である。
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

ある消防署での業務で感じたこと・・・・impressions from an fire station

fire_hose.jpg
この写真は、消防自動車のホースです。(定尺20m)定期的に洗浄して屋上から吊るして干している様です。ある業務で都内の消防署に一週間ぐらい通ったことで、部外者の感想を述べさせてもらいます。
①業務は、その性質上真剣さと危険が付きまとっていますのでプレッシャーが強く、ストレスが感じられます。
特に救急車の救急隊員は、朝でると夕刻まで帰庁しない場合が多々あるようです。
②本当に、救急車が必要と思える状況は、10回出動して一回程度であるようだ。
③日本人の権利意識が強くなりすぎて、「タダ程安いものは無い」と都民に振り回されているように見受けられる。
④緊急時の出動に近隣住民たちに「サイレンはならさないで!!」と言われるそうです。日本人の劣化の様子が解ります。
 そこで、提言ですが、外国では救急車の場合3万円から5万円程度を請求されますので、今後、適正な価格を決める必要があろう。(イタリアでは、最初に自転車で出動とか?)
 ある国の消防事情では、消化活動は金持ちの家からやるので、消防士と被災者の喧嘩が絶えないといわれていますのに、我が国もここまでくると違和感を感じます。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード