FC2ブログ

武器共同開発・・・・Joint development of arms

155榴弾砲
 3月3日付け産経新聞に日英で「共同武器開発」に踏み切るとのこと、そこでは日本の155ミリ榴弾砲の自動装填装置があがっていた。これを読んで次のことを私なりに思いつきと感じたことを記す。
①昔からイギリスの戦車だけは、かたくなに弾の装填を自動にしないでマニュアル(手作業)でやっていると長年言われてきた。それに反してフランスや日本は自動装填にこだわっている。
②イギリス人と働いたり、BSスタンダードを見てきた限りでは、彼らは実用的で物事の本質を観ているような気がしている。環境に応じて、あまりに細かなことや屁理屈は好かないようだ。伝統・文化・常識?を重んじる。(私の偏見かも)
 両国の共同開発は良い組み合わせかも?それとも全くダメかものどちらかであろうが!
あとで、きっと奴等は“日本人は戦争や人間の本質を全く理解していない。いざ戦争になったら、パニックになり、電子制御や自動装置などがネックとなってゆきづまるのでは!と笑うにちがいない”様な気がする。
③昔、アフリカで会ったイギリスの技師には当時の私の電卓について「君はその電卓をチェックしたことがあるか?」と何度も聞かれたものである。彼の武器は電池のいらないマニュアルなアフリカ向きのヘンミ計算尺であったことを懐かしく思いだした。
スポンサーサイト



テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

道路保全の裏方・・・・Rock slope protection investigation

P2210081_convert_20120306092253.jpg
毎年、年度末になると春の行楽シーズン前に行う道路工事や路面の舗装打ち換えが忙しい。この映像は奥多摩周遊道路の岩盤大斜面、吹き付けコンクリート工の劣化調査中のところである。ポケット式落石防護ネットも併用されている。この作業は専門業者でやるが、ロッククライミングに似ていて壮観である。その意味は一本の命綱に託されているからである。公共工事におけるほんの一部の裏方にすぎないが、私は年甲斐もなく感動した。
参考写真もつぎに載せる。斜面調査03

 

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

年間被爆線量・・・・低線量被爆の数値を冷静に!

 放射線被爆に関する福島県の調査結果が2月20日に公表された。県民の58%は年間被爆線量1ミリシーベルト未満で、95%が5ミリシーベルト未満だった。
 ①宇宙からの放射線の影響など自然界から受ける年間被爆線量は世界平均で2.4ミリシーベルト、日本で1.5ミリシーベルトだと言われている。
 ②内閣府の低線量被爆に関するワーキンググループは昨年12月、年間100ミリシーベルト以下の被爆では「他の要因による発がんの影響に隠れてしまうほど小さく、発がんリスクの明らかな増加を証明するのは難しい」との見解をまとめた。 これでは全く問題にならない問題のようだ。
 参考資料:平成24年3月3日付け産経新聞
 我々はマスコミなどの情報によって、恐怖や情感までも煽られ、いたづらに踊らせられてはならない。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード