FC2ブログ

“若者の車離れ”は世界の潮流か?

honda_s800.jpg

 BBCのWebで若者達の自動車離れの記事を見つけた。我が国でもこの現象はかなり前(十数年も前から)から言われて久しい。(写真のイメージは私が最初に乗ったスポーツカーホンダS800だ)昭和40年代頃(1965)から我が国の本格的モータリゼイションが始まった。今でもその時代の躍動感を思い出す。現代の若者達は価値観が多様になり、インターネットの発達によるフェイスブックやツイッターで忙しく、その世界で一体となろうとしているようだと論評している。また世界経済の沈滞も含めて述べている反面、「車」の本当の?素晴らしさを知っていないと!強調もしている。 
 我々旧世代のフィーリングを上手く表現している英文をコピーしたものを次に示す。
 American teenagers are taking to the road in fewer numbers than ever before. What's behind this trend and does it mean the end of the car as adolescent status symbol and rite of passage?
 Recent research suggests many young Americans prefer to spend their money and time chatting to their friends online, as opposed to the more traditional pastime of cruising around in cars.
 
 さて、あなたはどのような感想でしょうか?お聞かせ下さい。
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

低放射線レベルの虚偽

 講師略歴:稲恭宏
1967年(昭和42年)栃木県生まれ。
東京大学 大学院 医学系研究科 病因・病理学(免疫学)専攻 博士課程 修了。東京大学医学博士(病因・病理学/免疫学)。
 先生の“低放射線の数々の嘘”の動画を以前観たが再度見直してみた。私はこの分野で全くの素人であるが近頃、先生の述べられることが正しいように感じられてしょうがありません。福島第一原発の近辺での生物の異常は認められず、(烏が飛べなくなったとか)肉、魚、野菜、果物や米も旨いと言われているが・・・・暫定基準値のベクレルを超えているので出荷停止・制限となっている現状はやり切れない。
 それでは、先ず先生の講義を動画で見てください。低放射線の嘘の数々
 その後、皆さまのご感想をお待ちします。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

映画「サウダーチ゛」SAUDADEを観て

saudade20main.jpg
 
 噂の富田克也監督の標記の映画鑑賞をした。これは二人の土木作業員(土方)の眼を通して日本の地方都市(甲府といわれているが)の断面を抉り出している作品である。もうだいぶ前からジワジワときずいているバブル崩壊後の我が国の現状を映している。繁栄と幸福を追い求めた人々(日本人、移民、出稼ぎ外国人を含めて)そして経済の低迷から失ったものの喪失感を描き出している社会派の作品である。このような社会派の作品が若い監督を初め、知らない俳優たちが演じているものが現われたのに新鮮さを感じる。
 この作品の中で印象的なものは、人種と文化そして言葉の壁であった。我々が好む?通俗的な人間は平等で話し合えば解るとう甘さはなく、厳しい現実の生活・仕事上で日本人、移民、出稼ぎ外国人との摩擦をそのまま表現している。言いかえれば、安っぽい明るい未来や愛と平和は描かれていない。
 外国人の流入が一定の割合を超えるとその国の文化・伝統・習慣に対してフリクションが発生する。EU諸国を実験結果に例えるならば、サルコジ大統領やメルケル首相が言うように人種の融合と文化の多様性との共存政策は失敗したと断じているように。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

世界人口70億の誤差・・・・Margin of error ?

7billion.jpg

国連が唐突に10月31日(月)までに世界人口は70億に達すると発表した。わざわざ人口増加の著しいインドでの新生児をとりあげ70億人目の“赤ちゃん”と呼んでいた。日本のどこかの役所は70億人の証明書を発行したとか、全くナンセンス!である。図に示すように過去50年間で世界人口は2倍以上になり今世紀末には100億に達するとしている。
 The UN's population estimate chief Mr Heling says, UN recognizes that its own figures come with a 1-2% margin of error. Today's population could actually be 56 million higher or lower than seven billion.
 私はいつも海外業務でその国に数カ月から数年の滞在期間であったが、この公表されている人口には眉つばの数値が多く疑心暗鬼であったことか!発展途上国であったので国勢調査などやった国は一つもなかった。例えば数年滞在したある国は、世界的に人口過密で数年前に日本の人口を抜いたと報道していた。国の収入の大きな部分を国際援助にたよっているので人口の数値を過大に見せなければならないからである。フェリー沈没事故で数人が亡くなれば、死亡者は数百人で報道されていた。こような数多の事例を知見したので私は全く信じていない。先進国の国勢調査での誤差は1-2%であるのが普通であるので、UNの事例は現場を全く見ていない不確実なデータからできあがっていると確信する。将来にわたって誰もわからない数値であるが、私の個人的皮膚感覚からは30%の誤差で低い50億人程度と思っている。
 

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード