FC2ブログ

国民栄誉賞の再考・・・・“なでしこジャパン”には全くふさわしくないようだ

なでしこ川澄

 下記のリストに示すようにこれまで18人が受賞しているが、没後受賞者が11名で半数以上である。賞名に国民と入っているが、第1号の受賞者、王さんのように国籍が日本以外でも表彰の対象となっている。また贈られる対象は個人のみで、団体は対象となっていないようだ。公式な「叙勲」制度とは何ら関係がなく、また「授賞基準が不明瞭なためその都度適当」なので、時の政権の事情で乱発される傾向が強く、そのため本制度には批判も強いといわれてきた。考えてみると奇妙な賞であり、かつ時の総理大臣の表彰の一つであるので、退陣表明をした管首相の延命パーホーマンスとも考えられてもしょうがないようだ。
 将来発展する若い選手の多い“なでしこジャパン”には全くふさわしくないようだ。よって、サッカー協会をはじめ佐々木監督・選手達が辞退するのを切に希望する。
  氏名 表彰年 業種
1 王 貞治 1977 野球選手
② 古賀 政男 1978 作曲家
③ 長谷川 一夫 1984 俳優
④ 植村 直己 1984 登山家
5 山下 泰裕 1984 柔道選手
6 衣笠 祥雄 1987 野球選手
⑦ 加藤 和枝(美空ひばり) 1989 歌手
8 秋本 貢(千代の富士) 1989 大相撲横綱
⑨ 増永 丈夫(藤山一郎) 1992 歌手
⑩ 長谷川 町子 1992 漫画家
⑪ 服部 良一 1993 作曲家
⑫ 田所 康雄(渥美 清) 1996 俳優
⑬ 吉田 正 1998 作曲家
⑭ 黒澤 明 1998 映画監督
15 高橋 尚子 2000 陸上選手
16 遠藤 実 2009 作曲家
17 村上 美津(森光子) 2009 俳優
⑱ 森繁 久弥 2009 俳優

○印は没後受賞者
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コパ・アメリカ2011 ウルガイ優勝

コパ・アメリカ_ウルガイ2011

 今朝、ワールドカップで4位のウルガイが同8位のパラガイに3:0で15回目の優勝をはたした。両チームともアルゼンチンとブラジルを各々PK戦でかちあがったチームである。また、両国とも大国の隣に位置する小国どうしで戦い方も非常に似ている。観戦後に、伝統・文化に基づいた戦いかたが非常に大事であると思い知らされた。私が好きなスワレツが最優秀選手に選ばれ、フォルランが決勝で2ゴールした。この二人のフォワードの活躍に負っている。なお、遅れてきたベネゼラが4位と目立ち気を吐いた。ペルーは3位にとどまった。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

42年前の月面着陸?・・・・・・The moon landing faked ?

moonflag.jpg

 アポロ11号の月面着陸(1969年7月20日)したと言われる日からちょうど42年経ちました。ブッシュ大統領が進めていた2020年までにもう一度有人の月面着陸プロジェクト(Nasa's Constellation Moon landings programme)を去年(2010)オバマ大統領が正式にこのプロジェクトを中止させました。その時の議会での彼の演説では、“過大な予算、工程の遅れ、未熟な開発技術のためにキャンセルする”と言った。ああ!やっぱり彼は知っているんだ。と同感の相槌を打ちました。
 海外業務で私の知り合った米国人をはじめ欧米人達は殆どこの月面着陸を信じていませんでした。「あれは映画なんだよ!世紀の作り話なんだ!」ところが反対に、日本人の9割はこれを信じているようです。私は以前からそれなりに公開された資料や外電記事から考察して全く信じていませんが、あなたは信じていますでしょうか?コメント下されば幸いです。
 英文記事を次にのせます。(BBCより引用)
**** Mr Obama cancelled Nasa's Constellation Moon landings programme, approved by ex-President George W Bush.

Nasa still aims to send astronauts back to the Moon, but it is likely to take decades and some believe that it will never happen again.

**** President Obama has cancelled the American project designed to take humans back to the Moon.

New rockets and crew ships had been part of the Constellation programme to put astronauts on the lunar surface by 2020.

In his federal budget speech, Mr Obama said the project was "over budget, behind schedule, and lacking in innovation".

 buzz-aldrin-moon.jpg
 

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

女子ワールドカップトロヒィー・・・・Japanesae Heroines & Their Trophy

JapaneseHeroines.jpg

この笑顔は何度見ても“美しい”このところ暗いニュースが多い中にいて、希望と勇気をもらっている。
 海外メディアのCNNやBBCの記事で目にしたものをピックアップしてみた。
David had beaten Goliath and the Japanese football fans crammed into a Tokyo bar had screamed themselves hoarse watching their national team play two-time winners the United States in the women's World Cup final in Germany.
It was a rollercoaster of emotions for 200 fans; twice they thought their team had been beaten as the U.S. took the lead but twice they pulled it back.

 Their goalkeeper Hope Solo offered her congratulations to Japan, saying: "I truly believe that something bigger was pulling for this team. 豹のような米国のゴールキーパー、ソロ選手は日本の勝利を祝福しながらも、なにか大きなちからが日本チームを引っ張っているかのように感じたと!言っている。"As much as I've always wanted this, if there were any other team I could give this to it would have to be Japan. I'm happy for them and they do deserve it." また、他のチームが優勝するくらいなら日本に優勝してもらいたかったと常に思っていたと!

Solo's team-mate Abby Wambach added: "Japan just kept coming and they never gave up, and in the end they're the world champs."天敵であるフォワード、ワンバク選手は、決してあきらめず常に追いすがる日本にてこずった。やはり勝者に値する。
 尚、ペナルティーのスター達と高評価しているのはゴールキーパーの海掘とディフェンダーの熊谷選手である。いずれにしても、監督を初め選手全員の総合力であることに変わりは無い。

 PenaltyStarsKaihoro_Kumagai.jpg

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

なでしこジャパンおめでとう・・・・・・Maiden's World Cup Crown for Japanese Women

WomensWorldCup2011.jpg

 この一カ月間、なでしこジャパンを応援してきたが、ここまで来るとは想像を超えていた。昨日は相模大野市役所南ホールのパブリック・ヴュウイング(PV)で女房と一緒に観戦・応援をした。また、岩清水選手が(市の南区大沼の地元出身である)延長戦終盤でペナルティーエリア直前で体を張って阻止したがレッドカードを受けてしまった。彼女の頑張りが日本のピンチを救った。この事実をマスコミほとんど取り上げない?のはどうかと思う。私は美しい反則プレーと呼びたい。
 サッカーは身体能力とパワーや技術だけでは勝てないことをあらためて認識させられた。「もうだめだ」と思ったのは何度あっただろう。・・・彼女達の諦めない踏ん張り、明るい笑顔、知恵と駆け引き!(速いパス回し、体の寄せ、勇気・闘志)に感嘆した。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

円高で貧しくなる日本・・・・・・・・増税でなく量的緩和

円高

 7月17日付け産経新聞「日曜経済講座」田村秀男さんの図とオピニオンから引用した。円高で貧しくなる日本は全くそのとうりである。
これまでの経済評論家はどういうわけか?この点を指摘する人は少ないのが奇妙である。増税を取り下げ、量的緩和を行えばよいのである。
米国がこの2年半の間にドル資金発行を3倍にした。中国はご存知のようにこの10年間にそれを5.5倍にしたが、日銀は小幅な金融緩和しかしてこなかった。ドルは洪水、円は渇水だから円の値打ちが上がるのは小学生でも分かる。
 政府と日銀が政策転換するだけで、日本の窮乏化避けられるのだ。 私はこの意見に全く同感である。この意見を最近かなりの数で見聞きするようになったが、未だ少数派であるらしい?のが不思議でならない。 

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード