FC2ブログ

世界経済と日本・・・・・・from monetary base/high-powered money

消費者物価指数
上の図は各国の消費者物価指数(%)を示したものである。どうして日本だけが相変わらずデフレ不況で3.11東日本震災後にも拘わらず円高であるのか?米国を初め他国通貨安で、かなり経済回復を成し遂げている。マネタリーベースを見るとこれらの疑問がどうしてか納得できた。
 経済とか財政については全くの素人で経済評論家の言うことは理解不能でした。(俺達はその筋の専門家に任せておけばよいとしてこれまで生きてきました)しかしながら、最近になって、おもてにでている人々即ち、その筋の専門家・政治家達の説明能力の低さと本質的理解不足が解かってきました。彼らはどうも解かってなく、それとも匙をなげてすねているように見えます?。例えば、国内で誰もあまり言わないことを日本以外の国々は普通にもくもくとやっていたし、いまもやっていることでした。それはマネタリーベースといわれ流通貨幣の量的緩和です。過去10年間で下のようです。(廣宮孝信さんのデータによるとhttp://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/27085916.html)
中国  米国   EU諸国  日本
5.5倍  3.5倍 1.7倍   1.3倍
 これで為替、株価、貿易、経済成長、国債(国の借金?)などの疑問は殆ど解消します。要するに彼らはお金を刷っているのです。これを私が家族や友人に説明しても誰も頑なに信用しません。!このことは数カ月前の真面目な?反面無能で無邪気な自分自身(平均的な日本人)を見ているようです。
 我々日本人は財政赤字を真面目に考えているのに、敬愛する?米国をはじめそんなこと(悪)するはずがない!と中途半端に家計と国家財政、個人と国家の異質な問題を同じように混同する幼稚さです。
米国、中国は勝ち組で日本だけが独り負けであるとこれらのデータが明瞭に示していることです。以上のことが私にとってショックでした。
コメントを下されば幸いです。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード