FC2ブログ

正義(2)・・・・・・・・Justice マイケル・サンデル教授の本

マイケル・サンデル教授
justice02.jpg
 
先生の著作「正義」をやっと読み終えた。難しい時代だからこそ正義を語るのであろうが、昔から日本人が考えてきたことを解りやすく説いている。是非一読をお勧めする。
日本人に馴染みの薄い対話と討論・議論の重要性を身に染みて感じる。これからの政治は経済優先から哲学的要素として道徳、宗教、共通善を加えるものになるであろう、なるべきであるものを感じた。(バラク、オバマ政権のブレーンからも伺える)これらを実行するのはかなりの困難と時間をようするので、難題である。

 この書物を理解するために、次の定義が参考になったので引用する。(週刊東洋経済2010年8月14日P40)
リバタリアリズム個人の事由を最大限尊重。国家には最小限だけ求め再配分(福祉政策)に否定的。「ネオリベラリズム(新自由主義)」を含む。「極端な形はアナーキズム(無政府主義)」
コンサバティズム経済活動への政府の干渉は抑制する一方、政治的には家父長的な伝統的道徳観を尊重。古典的事由主義と新保守主義ネオコンの2種類。
リベラリズム政治的には個人の自由を尊重するが、経済的には再配分を重視。人類共通の正義を主張。宗教的に中立。福祉国家リベラリズムとも称される。
コミュニタリアリズムリベラリズムが主張する個人の権利や正義より善の優位を主張。宗教も重視。現オバマ政権が近い。極端な形は形としては共産主義、全体主義。


スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード