FC2ブログ

踏面勾配(トウメンコウバイ)・・・・・・・・・鉄道工学 最大の発明技術

toumen02
 この図は鉄道工学での最大の発明技術といわれる踏面勾配を示したものである。(wikipediaの書き手ikaxer氏から転載)通常の鉄道における値は1/20であるが、高速な新幹線になると1/40である。この図から解るように列車がカーブを曲がるときに遠心力で外側に引かれると外側の車輪は同回転にも拘わらず内側の車輪より長い距離を行く原理である。これは曲線を走る安定した自己操舵機能を示すが、直線部は返って安定するように左右に蛇行動を繰り返す。(その他のレビューとして曲線と速度によるカントとスラックがあるが割愛する)
 スイスのアルプス観光列車脱線事故はショックであった。trainAccident

 近い内に事故原因調査結果がでると言われている。
同線を5往復したという工学院大、曽根悟教授(鉄道工学)は、現地からの情報の範囲内で原因を推定するのは困難であるが、脱線した4両目の食堂車に何らかの問題があった可能性が高いといっている。現場は登り勾配で機関車が客車を引っ張る状態では脱線は起きにくく、急カーブでもないため脱線のリスクが少ない場所と指摘。
 私的な推定ですが、列車はかなり年代物である。事故当時のスピードは時速30Km程度と考える。転倒方向はカーブの外側であるが、スピードの出しすぎでは無いようだ。車両自体の欠陥例えば、窓ガラス等の開口部がおおきく重心が高い、それとも乗客の一方向へ急激な移動による編荷重?よるものか? 不可解で興味がつきない。

7月31日のメディアによる事故原因中間発表では、スピードの出し過ぎと結論ずけている。そう言われるとトレーラー車両の転倒事故に酷似している。後部列車の転倒が激しい。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

夏ミカン色、橙色、褐色、茶色から焦げ茶まで・・・・・・Orange colour

orange
 このアイコンに示された色は全てオレンジ色だそうだ。WikipediAによるものである。オレンジカラーをクリックしてご確認ください。この色は黄色と赤の中間であり、かなり範囲が広いのが特色である。
我々、日本人にとっては黄色主体の夏ミカンから橙色までが許せる限界である。!!(感性が鋭敏な日本人)
例えば、オランダのオレンジ軍団と美女応援団force
supporter
彼らはどうも大雑把?で褐色から一般的な茶色や焦げ茶までも平気でオレンジカラーと言っているようだ。
 同時通訳などで有名な鳥飼久美子さんが“Orange cat”は普通の`茶色の猫’のことだと言っていました。私はオレンジ色をした猫は一度も見たことがないと思っていたところ、ネットの世界では言葉としてオレンジキャットで溢れているのに驚きだ。!!cat
 尚、付録として山口県に行った時、県道と国道の一部のガードレールは全て県の夏ミカンシンボルカラーであったことを記す。こんなことを気にするのは私だけでしょうか?gr


テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

続き「神の手」・・・・Suarez--hero or villain

suarez595reuters.jpg

 先日のウルガイ対ガーナ戦の劇的幕切れが忘れられない。少し時間がたち振り返ると色々と考えるものがあった。
1)ガーナ側から見るとゴールラインをこえたボールはゴールと認めるべきである。そのボールを手ではじき出したスアレスはレッドカードであり、悪党でる。これでガーナの勝利で終わったはずである。どんでもないルール違反であり、恥を知れ!!
2)スポーツマンシップにのっとりスワレスが手を使わなければ、ボールは問題なくネットをゆらしていた。彼はハンドボールしか選択肢はなかったと認めている。試合は2対1で終わっていたはずである。
3)審判は自信がなかったか見てなかったかレッドカードをだして、ゴールを認めず、そのうえ余計なことにガーナにPKを与えた。(ご存知のように結果は思っても見なかったものになってしまった。)
4)よって、悪党であったスワレスが突然、ウルガイチームの英雄になってしまった。
 私を含めて心ある識者(少数派)はFifaは厳格にルールを守るように!と叫ぶだけだ。しかしながら、大多数の人々は彼がうちのナショナルチームなら、英雄だ、でなければだだのプレイヤーだと!!。

テーマ : 2010年 FIFA World Cup
ジャンル : スポーツ

アジサイの季節・・・・・・・・・Hydrangea

hydrengea_convert_20100705142349_convert_20100705143933.jpg

 アジサイの季節となりました。相模原市では北公園のアジサイが有名であるので観賞してきた。ちょうどアメリカ産アナベルという白色のアジサイが満開であった。
梅雨とアジサイが良く似合う、英名でHydrangeaと言うのも水と関係しているようだ。

 Wikipediaのアジサイへリンク
 アジサイ

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

“神の手”と「誤審」・・・・・・・・・・・・・the Hand of God  

godhand

ご存知のようにガーナ対ウルガイ戦(1対1でウルガイがPK勝ち)は、見どころがあった。写真に示すようにFwスワレスがガーナのゴールボールを手ではじき出した。(神の手といわれている) 彼は直ちにレッドカードで退場(今後1試合停止)であったが?その後の展開は予想を裏切りジャンのPK失敗で、PK戦となり結局ガーナの敗北となって終わった。
 Fwスワレスは悪びれもせず神の手が私にやどり祖国ウルガイを4強に導いたと、英雄になった。これが世間一般のテレビ観戦の私を含めたマスコミの報道であった。振り返って見ると“待てよ”・・・・写真ではスワレスの神の手を使う前に、ボールは既にゴールラインを越えたのでは? これは明らかな誤審であったのではないか? 実際、試合はこんな騒ぎ起こすことなくガーナの2対1での勝利であった筈だ。 何れの世界でも真実と結果判定は別物である。審判の判定は、時代とその場の雰囲気(環境)に大きく影響されてしまう。だからhigh-tech goal-line technology の活用が急がれる。

  日曜日のイギリス ザインディペンデンスに同様な見解があったので一部を原文で転載する。
The Ajax player will only miss Tuesday's semi-final with Holland in Cape Town following the Fifa disciplinary committee's decision and Ghana's indignation is compounded by their belief that the ball, headed towards goal by the substitute Dominic Adiyiah, had crossed the Uruguayan goalline before Suarez handled it.
Asamoah Gyan, who missed the resulting penalty, said: "The ball went in. It did cross the line and the referee disallowed it. If it was our day the referee would have seen it and allowed the goal." John Pantsil added: "The referee should have recognised it was a goal." Uruguay's players – as well as the nation – conveyed no sense of regret or embarrassment about Suarez's offence. The Uruguayan newspaper 'El Pais' declared: "Long live the hands of Luis Suarez".

handball

動画がありましたのでクリックしてください。
スワレス、神の手

テーマ : 2010年 FIFA World Cup
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード