FC2ブログ

ほうら、高い高い!・・・・・・・東京スカイツリー

tokyo skytree
 
 最近、建設中のスカイツリー(完成高634m)が東京タワー(全高333m)を抜いて338mに達したと聞いた。(写真はBBCのWEBsiteから借用した)建設関連で生きてきた者ばかりでなく人間は幼児から誰でも高いものに憧れるようだ。
世界一の高さと言えば今年1月にブルジュ・ドバイ(828m)がそれまで最も高かった台北101(509.2m)を抜いて完成した。それと子供のとき聞いたバベルの塔である確か、人間の傲慢さや実現不可能なものの形容詞として、・・・・・
下の写真はブルジュ・ドバイです。
ブルジュ・ドバイ
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

ハクモクレン

hakumoku02.jpg

 久しぶりに相模原麻溝公園にいったところ、ハクモクレンが満開であった。桜の花見前の美しさを誇っています。木蓮(マグノリア)系のコブシやこれからの赤紫の木蓮もありました。マグノリアと聞けばフィリピンでのマグノリア・アイスクリームを思い出しました。それと一緒になつかしく、おいしハロハロです。これは日本人が昔(明治・大正)現地で紹介したとか!と聞いていました。ついでに辞書で調べたところルイジアナ州とミシシッピー州の州花でした。
 次にコブシとモクレンを参照ください。
コブシ

モクレン

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

国債の負担・・・・・・・・・こうなるかも知れない?

一般会計

ニュースによるとEU内のギリシャで深刻な財政問題がおきている。大規模なゼネストとデモで『なぜ政府の放漫な財政運営のつけを自分達、国民が支払わなければならないのか?』翻って我が国の現状をみると人ごとではない。ギリシャの政府債務残高は2009年末にGDP比110%超で、ユーロ圏最悪である。日本の財政はギリシャ以上に深刻で、2010年末での国・地方の長期債務残高は862兆円と、GDP比180%の見込みで、先進国中最悪である。(図-1参照)なぜ、日本は未だ財政破綻をしないか?としての理由は必ず次の2点が挙げられる。(私には、なかなか理解できないので、この際まとめてみた)

① 日本の個人金融資産が債務残高をうわまわっている。一般に言われている個人金融資産は1,000~1,100兆円である。この点についてアバ・ラーナーという経済学者が次のように指摘している。政府の債務は自国民のためのものである限り、将来世代の負担とはならない。国債を償還する必要が生じた時は国民から税金を集めてその金で償還するだけでだから、将来世代の中での資金のやり取りにすぎない。この説は現実感がなく、半分ぐらい正しいようだ。よく知られているように、個人金融資産70%前後は65歳以上の人が所有している。将来、税金を払う人と償還を受ける人が完全に一致しないはづだ。

② 日本は対外経常黒字を積み上げた純債権国(米国債85兆円保有)であり、また、国債をメインに買っているのは日本の機関投資家(実質的には銀行、基金、郵貯の預金等)だから安定?と言う。

 このように毎年、赤字国債の連発は、国民の個人金融資産が担保になっていて、あと数年すると発行できなくなる限界に近づいているようだ。そろそろ、国際社会からの圧力、IMFあたりから、消費税は30%程度に上げ、公務員給料の20%カット、福祉・社会保障費一律10%カットの勧告を受け、これを飲まされるのではなかろうか?そして、世代間の対立と政治的混乱、社会の不安定化が巻き起こるシナリオである。
 成長戦略もなく、過去の資産を当てにして、国債を食いつぶしている。これでは何時か危なくなるはづだ。 私は、経済に全く疎いものですので、皆様のご感想を聞かせて下されば幸いである。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

地球温暖化論のホコロビ・・・・・・Global Warming Controvercy

himalayan_glaciers.jpg

●ヒマラヤの氷河が2035年までにみな溶けてしまう。(根拠がなかった)
●アフリカの農業生産は20年までに半減する。(間違いだった)
●アマゾンの熱帯雨林はこのままでは40%以上が危機に直面する。(科学的根拠がなかった)
●オランダの国土は地球温暖化のためにすでに55%が海抜ゼロ以下になった。(実際26%)

これまでバイブルとされてきた「国連の気候変動に関する政府間パネル(IPPC)」報告書に厳然と記されている。ところが、その科学的報告書にミスが判明し、IPPC当局者も認めるに至った。また、国連気候変動枠組み条約のイボ・デブア事務局長が任期前の7月1日付で辞任する。米国でもこれまで少しでも異論を唱えることはタブーで、袋ダタキになる状態が多かったようだが、やっと新たな議論のドアーが開かれた感じである。そのうちに、反応の遅い日本でもそうなると思われる。

後世になって、学者や評論家たちはこの地球温暖化論にその時代の精神が色濃く飛び交っていたと語るであろうか?

地球温暖化論への懐疑


テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

お彼岸の墓参り・・・・・・命日よりも誕生日を!?

haka.jpg

春分の日(3月21日)が近づいてきました。両親の墓参りにゆくつもりである。お彼岸はこの日を挟んで前後3日(計7日間)日本独特な法要の一つといわれている。 ところでキリスト教徒達の死後の人々への供養とか法要はどうなのか全く知識がない。彼らは一般に死者を葬ったらその後一切なにもしないのではと勝手に解釈していた。たまたま、ペーパーバック(米国の作家、Scott Smith)を読んでいたらこんな場面の描写があったので紹介する。

要約:両親を亡くした兄弟二人は、父親の遺言状を見つけた。それには兄弟二人は必ず毎年、父の誕生日に墓前に集合するように、またこの行為を口に出して誓うこと、を求めている。(そしてあまり親密と言えない兄弟達は、各々の生活をしているが、なんとか連絡をとって年一回の行事を事務的にこなしている。それだけである。)

There was also his will, the first clause of which was an injunction upon Jacob and me that we swear orally, in each other’s presence, to visit his grave every year, without fail, on his birthday. It continued from there …………

ここで、私が気になるのは命日ではなく誕生日であることである。確かに彼らは、去りゆく人(には冷たい)より来る人を非常に歓迎する。短絡的に解かりやすい命日よりも誕生日を!過去より未来を!然りとなっているような気がする。また、この兄弟達は例外であり米国一般大衆は、日本人のような複雑な法事文化を持っていないのでは?私の偏見でしょうか? 誰かご意見をお聞かせ下されば幸いである。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

原因と結果・・・・cause and effect

slide02.gif
最近、地震が多い。ハイチ、チリに続いて台湾に起こったそうだ。数日前までツナミの襲来で騒いでいたばかりだ。
そのチリ地震の影響はツナミばかりでなく、興味をそそる報道があったので記録した。大多数の人には関係なく、興味ないと言われるかもしれないが? もっともらしい科学的な説明を聞いてください。 (残念ながら、わたくしにはこれを確認する方法を知らない)

NASAの発表によるとチリ(8.8マグニチュード)地震の影響で数百キロにわたる岩盤が数メートルいどうしたり、地球の質量分布が変化したので地軸(23.44°)が微小にづれたそうだ。よって地球の自転が少し速くなり、一日の長さが1.26マイクロ秒(百万分の1)短くなったと指摘している。その説明はスケーターに例え腕をちじめるとスピンの回転がはやくなるように・・・・・と言っている。一方、一日の長さがながくなるのは、中国の三峡ダムの水量が満タンになった場合(40km3)、0.06マイクロ秒長くなると伝えている。
slide03.gif

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

アメリカ人の本音・・・・・・・・・・トヨタ車リコール問題

今日のCNNで標記の記事を見つけた。概要:10年前のアメ車の欠陥率は日本製に比べて30~40%高かったが、最近ではやっとそのギャップを1~4%に低下させるようになった。トヨタのリコール問題が起きなければ、米国人の大部分は未だにこの大きなギャップがあり、日本製は高品質であると信じて疑わない。このリコール問題が現実の認識の差(perception-reality gap)・・・高品質と思い込まれている日本製、米車は劣ると感じること・・・を払拭できようと。一度、オーラの無くなったブランドはすべて初めから造り直さなくてならないように、
産業アナリストのMiller氏は、先日の公聴会は大きな政治ショウであり、消費者は一時の記事(a short-term memory)とみなす程度であろう。ただこれがいつまでも続くならば、それこそ認識の差は無くなってしまうであろう。
以上のようになかなか公正に論評している。私も全く同感である。
「我々は、この問題がこれから日本製ブランドに暗い影を落とすと考えていない。」が結論のようである。
次に、触りの一部を英文で示す。

"We don't think this is going to create a negative halo over the Japanese brands," said Lonnie Miller, vice president of industry analysis for R.L. Polk. "This is a big event right now, but I still believe that consumers have a short-term memory. Only if this keeps going and going could I see the perception gap closing."hybrid_090904.jpg


Will Toyota's problems hurt Honda?

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Sandygravel

Author:Sandygravel
FC2ブログへようこそ!

元建設コンサルタントです。
定年後は、現役度25%で優雅に過ごす。
Retired civil consulting engineer, the spirit is willing but......

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード